眞栄田郷敦の母親の年齢は57歳!ハーフの元舞妓で超美人?画像も!

スポンサーリンク

ドラマや映画で活躍中の、眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)さん。

そんな眞栄田郷敦さんの母親・玉美(タマミ・チバ)さんが、超美人だと話題です!
年齢は、おいくつなのでしょうか?

今回は、眞栄田郷敦さんの超美人母・玉美さんの年齢を調査しました!

ハーフ疑惑や沖縄出身の噂についても、間違っていることを解説します。

スポンサーリンク
目次

眞栄田郷敦の母|超美人の玉美さんの年齢は?

眞栄田郷敦さんの母・玉美さん。

この挙式写真からも、わかるように、たいへん美しい方ですね!

現在の年齢は、57歳です(2024年現在)。

  • 千葉真一は、1938年(1月22日生まれ)
  • 玉美さんは、1966年か1967年の生まれ

お2人の年の差婚は、当時たいへん注目されました。

スポンサーリンク

眞栄田郷敦の母|千葉真一と「28歳差」の年の差婚!

1996年に、眞栄田郷敦の父・千葉真一と、母・玉美さんは、結婚しました。

当時の2人の年齢は、

57歳と29歳です。

28歳の年の差がありました。

何気ない普段のスナップショットでも、玉美さんは、肌がきれいで、目鼻立ちの整った、超美人!

【玉美さんについて】
  • 1996年 千葉真一と結婚
  • 1996年 長男;新田真剣佑を出産。
  • 2000年 次男;眞栄田郷敦さんを出産

千葉真一さんとタマミさんは、結婚と同時にアメリカのロサンゼルスへ移住。
新生活をスタートさせます。

スポンサーリンク

眞栄田郷敦の母について|元芸妓?ハーフ?沖縄出身?

眞栄田郷敦さんの母・玉美さんと、父・千葉真一さんの出会いは、京都のお座敷と言われています。

京都で舞妓として頂点を極め、男児を2人出産。ロスで幸せな家庭を築いていると思われた妻は、今、どんな生活をしているのか。

女性自身(2012.10.23)

眞栄田郷敦の母は、元・芸妓さん?

眞栄田郷敦さんの母・玉美さんと、父・千葉真一さんが結婚したのは、玉美さん29歳の時。

恐らく年齢から推察して、玉美さんは「芸妓さん」として出会ったのでしょう。

【調査!!お座席の遊び代】

お座敷遊びには、一人でも7~9万円ほど、かかります。人気の舞妓・芸妓さんだと、さらに青天井で跳ね上がるそうです!

芸能界で、美しい女優を見慣れた千葉真一さんが、熱心にお座敷に通うほどの女性。

京都でもトップクラスの芸妓さんなら、たたずまいや美しい所作も超一流だったことでしょう。

この赤ちゃんは、新田真剣佑さんです。
夫婦で一緒に、ベビーキャリーを持っています。

スポンサーリンク

眞栄田郷敦の母が美人過ぎて、ハーフ疑惑あり

眞栄田郷敦さんも、母・玉美さんも、純粋の日本人です。

この写真は玉美さんと、中学生くらいの郷敦さん。
あどけなさが残る眞栄田郷敦さんがとってもかわいいです!

眞栄田郷敦さんの父・千葉真一も、母・玉美さんも、目鼻立ちがくっきりとしています。

そんな両親のDNAを受け継ぐ息子、クッキリ目鼻立ちの眞栄田郷敦さん。

そんな眞栄田郷敦さんと母親の玉美さんは、『ハーフかも?と言われるのも、無理ないですね。

特に郷敦さんは、カリフォルニア生まれ。
英語の発音も、完全にネイティブなので、なおさら誤解されやすいのです。

眞栄田郷敦さんも、母・玉美さんも、純粋の日本人だそうですよ!

眞栄田郷敦の母・玉美さんは沖縄出身?

眞栄田郷敦の母・玉美さんは沖縄出身ではありません。

眞栄田郷敦の「眞栄田」は、沖縄に多い苗字です。

そのため、玉美さんが親権を持つ郷敦さんが「眞栄田」姓を名乗ることで、「玉美さんは、沖縄出身?」と噂になりました。しかし、

眞栄田郷敦さんの母・玉美さんは、京都生まれでした。

「眞栄田」姓は、単純に当て字だったようですね。

スポンサーリンク

眞栄田郷敦の母|離婚前も後も苦労つづき

千葉真一は、眞栄田郷敦が3歳のころから、日本での仕事が中心になり、ほとんどアメリカにはいませんでした。
そのため、母の玉美さんは1人で、2人の男の子を育てたのです。

玉美さんは英語を話せないそうです。頼るべき夫が不在のアメリカでは、いろいろ苦労をされたでしょう。

’96年に現在の妻(45)と再婚した千葉は、ハリウッド進出を目指しロスに豪邸を構えていた。だが、アメリカでは『キル・ビル』に出演したくらいだった。近年は借金問題などトラブル続きで、告発されたことは数知れず。そんな千葉に対し、妻は「署名ずみの離婚届を千葉に渡したそうです」と映画関係者は語る。 

女性自身(2012.10.23)
  • 2012年 玉美さん、一家で日本に帰国
  • 2012年 帰国と同時に、別居生活に入る

このとき、眞栄田郷敦さんは12歳でした。

  • 東京で暮らす、千葉真一と、郷敦さんの兄・新田真剣佑さん。
  • 京都で暮らす、母・玉美さんと眞栄田郷敦さん。

日本に帰国して2年後の2014年。
千葉真一さんとタマミさんはそれぞれ一緒に暮らす長男・次男の親権を持つ形で、離婚が成立しています。

スポンサーリンク

眞栄田郷敦|日本帰国後は母と二人で京都ぐらし

日本に帰国後の玉美さんと眞栄田郷敦は、玉美さんの実家がある京都で生活を始めます。

別居の二年後には離婚が成立しますが、

千葉真一さんに多額の借金があったため玉美さんは慰謝料などを一切もらっていなかった

そうです。

生活は苦しかったようですね…。

この頃、玉美さんが、京都市内のパチンコ店で、時給1,000円で一日8時間働き、生活費を稼いでいる様子を、当時の週刊誌が報じていました。

スポンサーリンク

眞栄田郷敦|サックスへの夢をささえた母・玉美さん

眞栄田郷敦さんは、中学校に入り吹奏楽部に入部します。

アメリカの小学校で、授業で習ったサックスを思い出したからでした。

気軽に始めたサックスでしたが、眞栄田郷敦さんはのめり込み、めきめき上達します。

中学2年生の時には「サックス奏者(プロ)になる!」と決心します。

そしてサックス奏者への道として、名門の岡山県「明誠学院高校 特別芸術コース 吹奏楽系」に合格!

明誠学院高校の偏差値は、44-69、岡山県で3位だそうです!

私立の高校へ通うには金銭的な苦労がついてきますが、この合格は玉美さんもさぞ嬉しかったことでしょう。

高校では、母と離れた寮生活がスタートします。

この写真は、寮生活へ旅立つ息子の郷敦さんを見送る母・玉美さんの視点です。

2022年5月のNHK番組「朝イチ」で、眞栄田郷敦の恩師・吹奏楽部の顧問が登場。
当時を振り返って、

眞栄田くんは、リーダーシップがあった!全国大会に行った時の部長で、食事よりもサックスの練習ばかりしていた

と語っています。
当時の部員は100人ほどいたそうです!

大人数をまとめあげた眞栄田郷敦さん、一目置かれていたのでしょう!

こうして、眞栄田郷敦さんはプロのサックス奏者を目指したのですが、芸術大学の受験に失敗します。

浪人して再挑戦することも考えた上で、眞栄田郷敦さんは役者になることを選んだそうです。

これ以上、母に負担をかけ続けたくない気持ちもあったかもしれません。ファンとしては俳優になってくれてよかったです!

スポンサーリンク

眞栄田郷敦さんの「母への愛」を感じるインタビュー

2019年に、俳優デビュー下眞栄田郷敦さん。

2020年の雑誌インタビューで、どんな女性が好きですか?の問いに、眞栄田郷敦さんは次のように答えています。

内面が大事。誰にでも自信を持って紹介できる人。

やっぱり内面が大事かなぁと思います。誰にでも自信を持って、胸を張って紹介できるというか。どんな人にも気持ちよく接することができる女性がいいなと思います。外見的なこだわりはそんなにないかもしれないです。 

https://www.jprime.jp/articles/-/19692

内面に対するコメントは、母親が念頭にあるのでしょう。

2021年にTBSドラマ「プロミスシンデレラ」の主演でスタジオインタビューを受けた際には、母・玉美さんのことをこう語りました。

英語が話せないにもかかわらず、12年にわたりアメリカで子育てをしてくれた偉大な母への感謝がある

また、眞栄田郷敦さんは理想の親子関係のついても話していました。

子供が女の子だったら対等になりたい、そして男の子なら「バディ」のような関係がいい

2022年のテレビドラマ「カナカナ」では、週刊誌のインタビューでも理想の親子関係について答えていました。

先輩のような関係性がいい。男の子だったら、バディみたいな感じかな。
友人を見ていて、関係性が近い親子が、友人の親子を見ていてもすごくステキだな、と思う

2021年10月の「 キン肉マン THE LOST LEGEND」に登場する役、「ウォーズマン」を演じたことについてのインタビューがあります。

役柄と自分が重なりますか?の質問に、眞栄田郷敦は、こう答えています。

けっこう共通するところはあるなと思っていて。父親(千葉真一さん)がすごく特殊な存在で。その影響で、自分はちょっと特別な目で見られるような関係性は似てるなと思うし。引っ込み思案で、グイグイ行くタイプじゃないのも似てる。母親が大好きなところも。

https://www.jprime.jp/articles/-/22165

これからも眞栄田郷敦さんのメディアへの登場を楽しみにしています!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

目次